東洋医学的観点からみたお酢の効果

調味料として料理によく使用されるお酢ですが、最近は美容にも良いとして飲むためのお酢も販売されていますよね。 そんなお酢ですが具体的にどんな方にお勧めなんでしょうか。 今回は東洋医学的な観点から見てみましょう。 東洋医学として有名なのは五臓ですね。五臓は肝心脾肺腎とあるのですが、酸っぱい味のするお酢はその中でも肝を助けるとされています。東洋医学においての肝は、血の流れや量を調整し、身体では目や爪や筋と関係しています。 なので、お酢を摂取することで疲れ目や筋疲労によるけがの予防につながるのです。 ただし、胃の弱い人はお酢をあまりとりすぎないようにしましょう。お酢により、東洋医学でいう胃の力が弱められて、食欲が落ちてしまうからです。 つまり、逆にいえば食欲が旺盛だったり、お酒が好きな人だったりすると比較的向いている、ということですね。 いかがでしたか? ぜひ、自分に合ったお酢の摂取の仕方を見つけて健康を手に入れましょう。